歯の健康を守るために見直すべき生活習慣

健康な歯のために見直したい生活習慣

病原細胞が繁殖する環境

虫歯や歯周病は、歯を失う原因のNo.1、No.2です。
中でも歯周病は、痛みや腫れと出血でその症状に気づいた時には重症化しており、なかなか自覚症状が現れないため、Silent Disease(静かなる病気)と言われています。
いずれも細菌による感染症の一種で、原因となる細菌は口の中に常に存在しているのです。
重症化すると歯茎だけでなく、その下にある歯槽骨にまで侵入し、炎症を引き起こします。
その結果、骨の細胞が破壊され、再生することができなくなると歯を支えていることができなくなってしまうというわけです。
支えてもらえない地面がなくなったら、抜けてしまいますよね。
虫歯も、同様の病原細菌が歯を溶かす酸を発生させることで進行していきます。
重症化すると歯の神経を蝕み、歯周病と同じように歯槽骨を破壊することにつながります。
この様な細菌により引き起こされる症状を抑えるためには、炎症を起こす原因となる細菌を減らす、または、今以上増やさないといった行動をとるしかありません。
炎症を起こさせる細菌を減らすためには口腔内を病原細菌が住みづらい環境にしてあげることが必要です。
歯科医院によっては電解機能水を用いたり、自宅でマウスピースと殺菌消毒薬を使って序気を試みる3DS治療(Dental Drug Delivery System)等を用いて、口腔内の病原細菌を除菌する方法を提供しているところもあります。
しかし、これらを行ったとしても、もともと効果の乱れた生活習慣が改善されていなければ、持続は1年くらいとなってしまいます。
口腔内を病原細菌が居づらい環境、つまり、ぬくぬくと細菌が過ごせるプラークといわれるコロニーを排除していくことが重要なのです。

虫歯や歯周病の原因とは

虫歯の原因となるミュータンス菌などは酸素を好む性質を持っているので、歯の表面に付着し、摂取されてきた糖分を餌に虫歯を進めていく酸をどんどん分泌していきます。 歯に付着するために利用されるのが、歯の表面に付着した糖タンパクであるペリクルです。 ペリクルに細菌が付着し、歯垢(プラーク)が形成されます。

口腔内の環境に与える影響

虫歯の原因は細菌の分泌する酸、歯周病は炎症を起こす毒素。 これらの細菌の温床となっている歯垢の除去や、細菌たちの餌となっている物質の摂取を控えるといった生活習慣の見直しをすることで、症状の悪化を抑えることが可能ということです。 具体的にはどんなことに注意すればよいのでしょうか。

見直したい生活習慣

食べるものや食事、間食のタイミングに注意するとともに、注意したい生活習慣もあります。 例えば、嗜好品と言われるものの中には、常用することで症状を悪化させてしまうもの、怠ると進行を早めてしまうようなものもあります。 また、身体の抵抗力や免疫力を下げる原因となる悪習慣は改善を心掛けることが大切です。

おすすめリンク

名古屋駅近くの矯正歯科医院

名古屋駅近くの矯正歯科医院で歯並びを治していこう!患者の気持ちを大事に治療を進めてくれる歯科医院。