健康な歯のために見直したい生活習慣

虫歯や歯周病の原因とは

細菌のコロニー・歯垢ができるのはなぜ?

歯に付着しているペリクルは唾液の成分である糖タンパクが元になっています。
ということは、歯磨きで一時的に除去できたとしても時間が経過すると、再び付着を繰り返すわけです。
細菌が付着することで歯垢(プラーク)を形成してしまうペリクルですが、大事な役割ももっています。
それは、歯を外からの刺激から守るという役割、酸の被害からエナメル質を守っているのはこのペリクルなのです。
また、唾液に含まれるリンやマグネシウムにより、エナメル質からカルシウムが溶け出す脱灰によって空いた穴をを修復する再石灰化を促進する重要な役割も担っています。
歯にとって大切な役割があるにもかかわらず、虫歯や歯周病を促進するプラークを作る原因にもなっているという、悩ましい存在なのですね。

プラークが作り出す環境

ペリクルに細菌(ミュータンス菌)が付着し、口腔内に摂取されてくるショ糖を使い、ネバネバしたグリコカリックスという物質を分泌し、住みやすいスペースを作っていきます。
当然、どんどん病原になる細菌が集まり、遂には歯垢(プラーク)を形成するわけです。
この歯垢は、糖などの栄養や水が豊富に蓄積され、内部温度は37度前後という、細菌たちにとっては快適な環境となっているので、どんどん細菌は増殖し、酸やら炎症を引き起こす毒素をまき散らして行くわけです。
歯垢1㎎の中には10億もの細菌が住みついていて、特に、歯周病を引き起こす原因菌が多いと言われています。
この歯垢は、取り除かずに放置しておくと2日ほどでより強固な歯石に変化し、ブラッシングでは取り除くことが困難になります。


みんなにシェア

B!